フィッ子

ディナミの疲れたときのメモ以下の吐瀉

美しき

尼僧のやうに

仕事帰りに鶴見緑地のアウトレットへ。玉造から15分地下鉄で揺られたらそこはなみはやドーム。青果市場もあった。さらに今日は有秋の名月でこのチーープな街並みに満月が浮かんでた。こういう買い物は休みの日に行くより仕事帰りにぶらり立ち寄るのが時間の有効な使い方だと言いたい。みんな立ち寄れ。

それはそうとアウトレットマニアなおれなんです。手厳しいですよ。今日は割と楽しめて、モンベルとセイコーウォッチと無印とナイキとアディダスと・・なんかいろいろ欲しいものがあったんだ・・・。でも客が少なくて店員は暇そうにしてらっしゃる。こんなに暇で大丈夫なのか。そう長くはこの状況も続かんだろう。ここはだいぶ年季の入ったアウトレット建物でドーム型の中心部分が空洞で周囲にへばりつくように店が散らばっている。さらに5階まである。竜王や垂水は2階建てだし広さがあるのに対し、ここは狭くて高い。都市型アウトレット施設なんだ。

おれは無印でラボのクソ安いシャツとかサインペンとか買った。無印だけは他店と比べて異様に混んでたんだけど、店内のスメルが浮浪者みたいな、垢の溜まった皮膚の匂いがしていて、気分が悪くなった。この匂いは京都市立図書館とかでも頻繁に匂うことがあります。あと本棚みたいな収納できるやつが・・どれくらい値引きされてるのかはわからないんだけど割といい感じの安価だったよ。買うかもしれないね。無印は海外の商品も置いてて「おっ!いいですねぇ~」なんて思ったのもつかの間、XLとかSとかそんなんばっかだった。でもいいかも。

 

 モンベルの・・アウトレット商品は今まで見た中でも最も数が多かった。去年のジップアップニットカーでみたいなやつとかで回ってたんやけど2000円くらいしか値引きして編。コロラドパーカの去年の色も出てた。モンベルの入り口の熊(モンタ?だったとおもう)はまだ夏用ベストだった。こいつが赤のダウンベストを羽織ってるかどうかが店員のやる気と比例していると思う。

 

あとセイコーはオレがずっと探してたヤツとか置いてた、しかもけっこう安く。

そういうもんだ。ネットには在庫情報の上澄みしか載ってないんだよ

身銭切り切り人