フィッ子

ディナミの疲れたときのメモ以下の吐瀉

美しき

尼僧のやうに

平日の仕事だけで体がぼろぼろでギシギシいうんです。整骨院通ってる。体が悲鳴を上げている。眠い。布団から出られない。土日はいつも死んでる。

 f:id:theyare:20131125071732j:plain

土曜日は東福寺泉涌寺界隈の陶器市にオカンと行ってきた。紅葉祭りという名前だそうです。少し前に山科の陶器市も見てきたんだけど東福寺の方がよかった。安い。スタンプラリーすると抽選できる(湯呑が当たった)。ものすごい普通の地味な住宅地の中に窯元が密集していて、車も通りにくいようなところ。

 f:id:theyare:20131125071751j:plain

筆祭りみたいなの?やってて使い古した筆を東福寺境内に集めて燃やすやつ。山伏たち(週末山伏の類だろう)。お神輿に筆がいっぱい刺さってた。

f:id:theyare:20131125071807j:plain
この店(窯元)の傾き具合!5枚3千円とかそういう感じのコーナーたくさん。みんな高齢。壮絶。晴れててよかった。
 

夜は木屋町のスパニッシュなんとかハーレムなんたらの「あいまい」に和田ラジオ先生と佐伯誠之助さんを見に行ってきた。おもしろかった。

f:id:theyare:20131125071832j:plain

佐伯さんの嫁と姉も来てて、姉がポッチャリ系の方で「うまい肉棒」とデカく書かれたTシャツを着用されてて感動した。佐伯さんは35歳だそうだ。

 お姉さんは少なくとも35歳以上なんだろうな。ある意味若かった。今っぽいメンツっぽいイベントでしたがヒップホップというかダブステみたいなやつで躍らせるのはだいぶ大変だな。ジュークみたいなやつは好き。ノイジーなドラムンの人は俺の耳にはしんどかった。まっとうな四つ打ちかけてたのはだださんくらいでしたが王者の風格でした。ギャル達も揺れてたな。

和田ラヂオさんの大喜利の回答、どれもこれも秀逸でした。笑った。さらに優勝してはった。 

 

日曜日は昼間で寝て、熊手と手箕を買ってきて、落ち葉掃除。そのあと京都駅のヨドバシとか、駅周辺うろうろしてた。とても暖かい週末。夜になるとがたっと気温が下がる週末。ほうじ茶ラテが疲れた体に染みる。

 

身銭切り切り人