フィッ子

ディナミの疲れたときのメモ以下の吐瀉

美しき

尼僧のやうに

かぐや姫見てきた

CHEE武男の遺作ということで気合入れて見てきた。チーさんがリップしてから足りなかった分は三宅裕司が代役してるらしいけどわからんかった。
キャラデザは黒田硫黄かと思ったけどちゃうのか…。伊集院光の公家役のやつサイコーだった。上川隆也とかも調子のいいこと言う口先だけの男前を見事に演じてて姫が少し騙されてたのがウケた。宮本の機転でブスのオバはんを御簾裏に鎮座させておくことで難なきをえたけどやばかったな。ほんま完全に声優に合わせて作画(THUG GA)されてそう。
f:id:theyare:20140302193601j:plain

田畑智子も声もキャラもそっくり。志の輔もあのでかい顔面そのまま。エロ親父や。斜視気味の橋爪功の胡散臭い声の演技もサイコー。姫はどんどん成長していく姿がエロい。数ヶ月で生理がきてしまうほどの艶かしさ。びびった。そういえばスタート早々翁の宮本信子が「私、乳が出るんです」言うて、ボロンとぶっとい乳首を出してそれにむしゃぶりつく内田未来の図にドギモ抜かれたな。姫の描写はやたら野生児キャラをつけすぎてジブリお得意の野山をかけずる自然派アニメーションと化してしまいがちなところを、キャラの均整が整ってなくて頭でっかちなところがこれはアニメというよりむかし話です!と言い張っててまだマシなきがした。

最後の方で姫と捨て丸が駆け落ちして空飛ぶシーンは(50)セント千尋っぽい。駆け落ちというのも捨て丸が抱いた夢オチだったというのもいい。終わりのシーンで月の使いのやってくる際の音楽、割とエスニックで斬新だった。仏様が直々に来るのもバカっぽい。仏様に姫を連れて行かれたのちにチーさんは「すまんかったー!」言うて泣いてたけどそのチーさんそのものが月面に帰ることになろうとは…何か暗示のようなものを感じた。天の羽衣を着せられ、己自身が遁世を全て忘れ去ることになろうとは声入れをしてる時点では思いもしなかっただろうな
あと、泣けた。最近涙腺が弱いのと、映画でしか涙を流すことがほぼなくなってしまった自分が怖い。眼球のエクササイズとして見ても涙を出すのって射精みたいで気持ちいいんじゃないかな

身銭切り切り人