読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フィッ子

ディナミの疲れたときのメモ以下の吐瀉

美しき

尼僧のやうに

一生三宅裕司

昨日のテレビでやってたやつで昔の(80年代の)ルックルックこんにちは三宅裕司特集で三宅裕司本人が寝坊して遅刻するというやつでアナウンサーが「タモリ、たけしに続く!期待のニューカマー…!」みたいな謳い文句言っててびびった。世が世なら三宅裕司がさんまちゃんの位置に居てたのか。 三宅裕司はどの時点でエリートコースを踏み違えたのか。SETでの初期の活動はYMOの「サービス」で確かに輝いてた。スネークマンショーに続く音声コントの次なる旗手という立ち位置に見えた。それが、だ。おれは三宅は80年代はテレビ探偵団での司会というイメージしかない。何かを怠ったんだ。

身銭切り切り人