読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フィッ子

ディナミの疲れたときのメモ以下の吐瀉

美しき

尼僧のやうに

土曜にロームシアターの

ペニノの舞台、

マメ山田さん観れたのが

最高でした

なにかの表現を見て感動したのは

久しぶりだ

 土曜、当日券で滑り込んできた

ペニノのことは

全く知らなかった

f:id:theyare:20161114080205j:image

旅館内での所作やセリフが

やたら懐かしく

日本人の自然な動作

ガチムチ三助の丁寧な仕事っぷりもよかった

ストーリーは

決定的なオチもなく湯治旅館での一夜だが

湯けむりにつつまれてぼんやりしていた

 

12の因縁によって人は死ぬらしい。

無明もその1つらしいい。あと目くらの

男が目が見えないから温泉の力で心眼を開いていずれは人の心を読みたいと

いうがマメ山田に諭されてた。「見てどうすんの?」と。

目くらの男はなにも言えない。

あとマメさんが自分のことを「惨めなもんだろ!」「人は惨めなものを見たがってる!」的なセリフ言うところがピークだった

おれらに投げかけてんのか!?と思った。

そして

やたら演技者がタバコ吸うことで現実から距離を置くこととか。

意味を考えるだけでも楽しくて

でも現代の話で北陸新幹線の話題も出てくる

 

f:id:theyare:20161114080713j:image

このやうな

回転式の舞台は4場面あって

小道具の細かさはドラマのようで

全てに興奮した

もちろん全裸でボロンとすべて放り出した

演者達の潔さにも興奮した

演劇にはまだ自由がある!

確実にそう思えた

 

 

身銭切り切り人