フィッ子

ディナミの疲れたときのメモ以下の吐瀉

美しき

尼僧のやうに

雑感2

◆テレビ見てて小出恵介とかカトゥーン田中とかがものすごい勢いで墜落していくのが痛快極まりない。さらに小出を陥れた奴も、より強固な天罰を受けてほしい。

 

◆平日の暇の潰し方で良いアイデアがあれば教えて欲しい。見に行くべき場所とか。映画は高くて無理。昼間から酒に頼らないだけマシかも。昼間から酒を飲めばこのつらい毎日を一瞬でも忘れられるのだろう。

 

◆前の職場の制服をまだ返していないのでやばい。完全に返すタイミング見失った。就活決まったら返そうと思ってたらもう四ヶ月だ…雇用保険もやっともらえる。早よ金くれ!国庫(cocco)から俺に投入してくれ!

 

◆伏見の大手筋を平日昼間に歩いていると市内と比べて更に病んだ人々が散見される。納屋町商店街を北にいく。俺以上に年季の入った、ゾンビ兄やんとも呼べる、中高年の行き場所のない肉塊たちがうごめいていてる。ハロワの空気の淀み具合。

伏見中央図書館には昼前に行くとものすごいパンクスおっさんがいる。ボロボロのピチピチの服でラバーソール履いてる。オムツをした老人が殆どのこの図書館では糞尿と垢のスメルしかしない空間になりつつある。おれはここでLEAFのランチ記事を読み、隠れて写メを撮る。そしてMOEを読んでヒグチなんとかの猫の絵の質感を楽しんだり、装苑の上澄み液を脳髄に流し読んだりしているのだ。物悲しい。

そしてベローチェでコーヒーを飲む。店内はババアの巣窟でくさいのでオープンテラスで飲む。真っ白な手帳を広げる。イヤホンからはTBS JUNKが爆音で流れてる。ラインスタンプで爆稼ぎしてえ…とか思いつつイラストを描こうとするが、あまりの数の多さに断念したり。ここで凡そ三時間は座っている。バイトのレジの子が先に帰るのを見送る。

 

◆ポパイ、因幡薬師のおでん屋が載ってた。この店が載るってことはそういうことなんだろうな…

 

◆働きたいけど働きたくない気持ちが拮抗してる

 

 ◆某所の職安所員で、小人のおっさんがいてる。態度でかくて正直苦手だ。いろんなタイプの人を雇うのはいいことだが…先日応募する際にこのおっさんの目の前に座ったけど傲慢で吐きそうになった。そのときに応募しようとした会社担当者が休憩か何かで電話が繋がらなくて電話を切ったそのおっさんはヘラヘラしながら「残念ですけど…」しか言わず、ハァ?って思った…。んなもん適当に担当者以外でも「こういう人が応募してきたのでとりあえず履歴書送りまっせ!」って伝えといたらええだけちゃうんか…まあええけど

 

 

 

 

 

 

身銭切り切り人