フィッ子

ディナミの疲れたときのメモ以下の吐瀉

ディナミ

のブログ「フィッ子」

朝から四条大宮

某劇団の公演見てきた

クマグスクというホステルが会場で客は

五人でチーム組まされ

演者が待ち構えている部屋を巡っていく

各部屋のストーリーは最後に大団円があり

つながる感じだった。

まあ内容は程々に良かった、というか

ストーリーはざっくりしてて強引で、

何も心には響かなくて、そこが

後味を残さなくてよかった。

 

それよりもこの観覧システムだよ、

むりやり5人一組のチームに分けられ

自己紹介を強要させられ、つらかった…

街コンかよ。

オレのチームは

二人は20代前半と思しき女、あとの二人も

20代前半の男で俺だけおっさんだった。

しかも

女二人と男一人は大学の演劇サークルやってる

つながりらしく

キャハキャハしあってて、

見てて吐き気した

何が「フェイスブックで友達申請していいっすか?」だ、

ヤリ目的かよ…クソが。

この男は合同面接でも真ん中に立とうとする

タイプのやつで話を振る能力有りなように

見せかけておいて全然だめだった。演劇

やってるらしいがオーラは全く感じず。

鬼のようにダサかった

女は地味めだが二人共「左京区から来ましたぁ」

とか言ってて。見た目も左京区バリバリな出で立ちでした。

地味めで悪くはなかったけど観てる際の笑うポイントが

雑で「うわーここで笑うのか…」と感じ

萎えた…


f:id:theyare:20180321192112j:image

あと一人の見た目から匂い立つキモメンのやつは

「神戸三田からわざわざ

見に来ました」って…ガチ勢かよ、

このキモメンは後々気の回らなさを

発揮してて予想通りだった。オレもキモ

いが、こいつは若くてキモくてそれが

いたたまれなくて

罪ではないがなにかしらの罰が天から

与えられている感じだった

 

そいつらといくつもの部屋を同行するんやけど

 

とにかく苦痛で何もかも嫌だった

なんで演劇を見るのにこんな思いをしなきゃならんのか…

 

 

観終わってすぐに出ていって四条パクチー

カオマンガイ食って、大丸で買い物してすぐ帰って

ふて寝してる

 

 

 

身銭切り切り人