フィッ子

ディナミの疲れたときのメモ以下の吐瀉

ディナミ

のブログ「フィッ子」

近況

  • 七夕前に1年続けた仕事を辞めた

上京区にあるとある事務の職員でした

相手にするのは1000人近い会員で

それを5人で相手していた

朝8時には出社し

昼休憩時も電話がかかって来る、頻繁に来る

来客の対応もあるのできっちり休憩もできない。

(※あとオレはなかったが夜中の4時に会員から

電話が携帯に掛ってくるとかもある)

ちょっとクレイジーだが

残業は一切なく、定時で上がれた。でも

あそびに行く気力はほとんどなかった

定時以降は完全にスイッチを切りたくなる仕事だ

残業がない分給料は安く一番偉い長ですら30万だった

会員さんにも「おたく言っちゃあなんですが

ブラックですよね」と言われていた

専門的な人たちにそのように

言われていたのでそうなのだろう。

  • 働いてる人がみんな出来る人だった

仕事が出来ない人に対しては相当厳しく

オレはやっぱ出来が悪く、人格否定しつづけられて

精神が参ってしまった。おつぼねのおばはんが

仕事出来るんだけど変わり者で、おれは精神すりへった

 

6日の金曜に

おれの不注意で起きたミスに関して罰として更に仕事がふやされ

延々と罵倒され続けた末におれはなんだか視界がぐらついて

ひとり過呼吸になり、更に両腕が震えて

動かせなくなって、深呼吸してもおさまらずで、その状況で

周りは見て見ぬふりで

あーもう静かに、逃げようと決心した・・

f:id:theyare:20180710232208j:plain

やりがいはそこそこ感じてたけど

会員とのやり取りはむちゃくちゃめんどくさかったが

職場のひどい人間関係のほうが重要だった

正直、きつかった

人数少ない職場で合わないときつい。

その数日前にも仕事での叱責が続き

おれは涙をこぼしていた

でもその時点ではまだ限界は感じてなく

乗り越えれる感覚はあったはずだった

  • 金曜帰宅して

車の中で長に電話した。「そうか。気持ちは固いのか」といわれて

はい、と答え、月曜休んで考えろと言われた

精神科にでも行ってADHDの検査でもしてもらおうと思った

  • 月曜朝

向こうから電話かかってきて「どうや」といわれ

「変わりませんと」伝えた

「ああそうか、手続きがあるからまた連絡する」

といわれ

た。

f:id:theyare:20180710233448j:plain

8時半に駅前の精神科に行こうと家を出るも

月曜は夜しかやってないことが判明し

職場の近くまでついつい足が向いてしまった

定期券の払い戻しのことを考えた

職場の数メートル手前で引き返した

イオンのフードコートで夕方までダラダラして

警備員に「食事以外の利用はおことわりです」と

注意されたので帰った

帰りに自転車乗ってると仕事の書類のことで先輩から電話かかってきた

が無視してでなかった。緊張していた。

家に着いてからかけなおしたら

保険証と鍵と退職届を

早急に返却してくれといわれた

精神科に行くのはやめにした

国民健康保険払う気が無いからだ

次の仕事が見つかるまでの間、入るつもりはない

年金はたしか猶予期間があったはずだ

退職届を出さないといけない。

今からグーグルで調べてみます

 

 

 

 

 

身銭切り切り人