フィッ子

ディナミの疲れたときのメモ以下の吐瀉

美しき

尼僧のやうに

8/4

なんとかまだ仕事は続いている

金曜ともなると頭がぼんやりしてて

ミスも多く、いろいろと指摘される

でもまだマシだ。気楽な仕事をさせて

頂いている。

今日は帰りにココン烏丸でのαステーション

ラジオ公開放送の峯田が出るやつを見てきた

けど案の定

クソだったという話。

 

 

ココン烏丸の滝みたいになってるところの上でやってたけどここは元小洒落たカフェ?

ビールとか飲めるところで既に潰れていたことにまず驚いた。空きスペースになってて

もったいないからαステーションがたまにイベントやるらしい。

あの建物は全体的に経営ヤバそう、というか

大きな過ちを犯してる。どの層に向けられてるのかわからん。あのなんか気持ちの悪い映画館くらいしかまともに回転してない。あとはトイレとソファだけしか利用価値がない。床の木材が変。karasとい精華のやってる垢抜けない素人雑貨の店もある。どう見ても経営できてない。アクタスも長いこと頑張ってるけどまず面積を持て余してる。誰もあんなところで家具買わねえだろ…。特に二階。殆ど歩いたことすらない。あと地下のレストラン街もつらくなるほど寂れてる。一等地であの状況は見直したほうがいい。(そういやバルももうやばい。完全に失敗だろ…。)

 

んで、本題やけど峯田を見ようとしたらまずαの係のやつに当選のはがき持ってますか?とか言われた。当選はがき持ってたら間近で見れたらしい。持ってない人たちは峯田から数メートル離れて見てくださいとのことだった。このことに切れたクソ女がガキと旦那連れてキレてて当選者コーナーにて無理やり見てた。

あとやたらカメラ撮影禁止とか言ってて萎えた。αの

係のやつはアイフォンでガンガン写真取ってた。SNSにアップする用のやつだろどうせ。しかも俺の目の前で撮るなよ、早く死ねよと思った。

周り見渡すと

女のファンがすごく多くてビビった。

しかも妙齢な感じだった…

バンギャ、サブカル女で今はOLとか主婦

やってる金持ってる層、

あとは現在進行形の大学生のブス。

とにかく峯田はモテてモテて仕方がなさそうだった

ならいくらでも調達できる感じ。

NHKの朝ドラひよっこにも出てさらに

新規ファンの掘り起こしも成功している

みたいだ

危うさなど微塵もなく安定感しかなかった。

新宿から中野までタクシー乗りながらラジオから流れてきたキヨシローのスローバラード聞いたら新宿の景色と相まってすごく良かったという話をしてたけど

そもそもタクシー乗るんか!て少し思った。

まあ、乗るわな。

あとは

吉岡里帆が好きだったけど佐藤たけるに寝取られて

悔しい!」とか声高におっしゃってたけど

そういうアピールいらん!確実にモテてるし女に困ってないはずなのに「それでもアイドルとかかわいい子が好きなんすよアピール」が痛々しかった。何なんすかね、あの痛々しさは。その他のトークも何を言ってるのか理解できなかった。20分くらい経過してもう限界というか、ちょうど新曲がかかっていつも通りの

ノイジーなギターが聞こえてきたのでその流れで会場をあとにした。

あの路線であの地位まで行くとあとは余裕だな。いいレールに乗っかってるなーって

思った…。超弩級のクソだった、いい意味で。

 

 

 

 

そして今週月曜

から働き始めていて

ついに働くことができたのはいいが

果たしてここで良かったのか、

もっといい職場もあるんじゃないかと

まだ心はもやもやしてる

 

まだバイトみたいな仕事しかしていない。

基本的な、ルーティンの

仕事覚えるまで1年以上掛かりそう

 

 

先週の日曜、がルフィーに出演できて

今思い返してもとてつもない、かけがえのない

良きイベントだった…

すぐ帰ったから知らんけど…

「俺 ペニス って言った よな」

というECDモノマネができてよかった

滑舌のよさ

 

青枯れ病

という疫病だと思うが

唐辛子、トマト、ナス、きゅうりが

元気がなく、やばい

ハローワークステーション

疲れてる。。

 

昼まで家で作業してハロワへ

横のおっさんはサンダルの裸足を組んで

片手で足の指をいじってる

ハローワークの衛生状況はこんなもん

どこから水虫が感染するやもしれぬ

とにかく暑くて西陽がジリジリと肌を焦がしていくのがわかる

これは、その、七月の空気感だ

もうそこまできてる

外環の橋のところで暇なおっさんらが集まって

何も喋らずに同じ方向を見て

風に吹かれていて、家にいれないおっさんたちの寂しさを感じた

横大路のクロネコ事務所は移転してて

焦った

鼓月の工場の横通ると千寿せんべいの

香りが漂っていた

 

 

寺町のチーズタルトの店は一個200円くらいするのでくそ高いが最初は流行ってた。味は良かった。最近はいつ見ても客ゼロで店員がくっちゃべってるのでもう長くはないな、、

 

オカンが口内ケアする言うてドルツを買った。さっき届いてやってたけど水圧がヤバそうだった

足しか見てなかった

昼から事務の面接受けて、圧迫されて、うまく答えられなくて、帰りにネクタイ一本買ってミーナで糞して帰った。そのあと老人施設にいる認知症の婆ちゃんを眼科に連れて行った。眼球にできものがあり、前から診てもらっているがそれはもう治らなくて、潰れて破れてしまったらもうアウトみたいだ。ホームに戻るといつもの定位置にいるおばあさんが「ああ〜、ああ〜」と話しかけてくる。まともに喋れなくて「ああ〜、ああ〜」しか言えないんやけどあの人頭はボケてなくてしっかりしてるらしい。どうりで目つきは鋭くて俺らのことも覚えてくれてる。障害にはいろんな種類がある。

 

生きたかわいいコールダックを見れる場所に行きたい。それだけが唯一の希望。

 

安倍首相と自民党が弱者の意見を無視してやりたいことやり続ける世の中ですね、ほんと毎日息苦しく、ニュース読んでも不満しかない。圧倒的わがままな人だ。しんどい。政治に対して興味を持てない

 

来週末は東京のワークステーションでグループ展があり、丸目さんにまた声をかけてもらい、僕もささやかな展示で参加させてもらえることになってます。こういう催しに呼ばれるなんて奇跡だ。本当に感謝しかない。一生懸命やらないとダメだと思うが、まとまらず、もやもやし続けていて作業が進まんとです…。まだ一ミリも描けてない。果たして間に合うのか!来週土曜日曜はなんか催しもやるそうです。

 

昨日、スーに誘われ院生の皆藤さんによる京都芸大案内ツアーに参加した。(モチベーションが上がればいいと思って行った。結果、少し上がった。)謎のフランス人(ステファーノとかグレゴリウス、ディアブロ、ガブリエル、みたいな聞き覚えのない名前だった。名前忘れた。)も一緒に行動した。まず、車で学内に入るのが止められるかなと思ったのに警備がゆるく、駐車スペースも適当で、停めたところの横のゴミ置き場に大量の木材が散乱し血液で描いた豚の絵が放置されてるといういきなりパンチのきついお出迎えだった。ご挨拶じゃない。フランス人のやつはオチョケでふざけてばかりいるが何者かわからず、ただただふざけていた。スーがなんか一緒にやるらしいが、まだ何をしてるやつなのかもわからんらしい。皆藤さんの作品は説明を受け、ストーリーを聞いたあとだと見え方が変わった。SADな絵なんだと理解できた。

僕らがベンチに座ってる後ろに中原浩大先生がすり抜けていく瞬間が良かった。その後

リトグラフの部屋にも連れて行ってもらい、そこにいらっしゃった松本さんという女性
f:id:theyare:20170617012514j:image
リトグラフの仕組みについて少しレクチャー受け、よくわからんけどなんかすごかった。やっぱややこしい。簡単なものではない。アルミ板にクレヨンで描いて薬品塗ってプレスして紙に転写するんだと思う。宇治の人らしく丁寧なええ人やなという印象が強かった…。作品も緻密。版画というより油絵っぽかった。卒業後どうするのか聞いたら何も決まってないらしい。このプレス機が200万とか。これを買わないとリトグラフ出来ないから買ってでも続けるのかもしれない。樋口砂場ぎゃらりーで夏になんかやるらしいので行きたい。
f:id:theyare:20170617063947j:image

例のフランス人は本日が誕生日だということで両親が東京に来てるからパーティーしてもらえるらしく東京に帰っていった。最後まで謎だ。今振り返っても不思議な一日だった。

 

東京の名士、ソイビーンズさんのお誘いで「前のボトムタワーTシャツをもう少し作ろう!」ということになり、「それをロスアプそんのTシャツ祭りに出そう!」というお誘いで、これまた重荷で震えてた。プロデューサーのおぼこのイメージを落とし込んでキャッチボールをしていくと気がつくと異形のものが生成され、それに決まった。カラバリは完全におまかせで。来週末開催だそうです。どんなことになってるのか今から楽しみです。

 

 

 

半年もしたらすぐ忘れる

朝からしんどい。諦めが悪い。自民党は耳を傾けない。共謀罪反対アピールSNS合戦、自分の立ち位置再確認したらそれでいい。実際にこの罪でしょっ引かれ始めてからが面白いことになりそ・・・。これからも意識の高い市民は政権に反対してどんどん逮捕されよう。家の周りには自民党支持者があまりにも多くて、そのほとんどは悪気も無く何も考えてなくて今後ものほほんと過ごして行けたら幸せだなと願う人たちだ、その層が一斉に死ぬまで何も変わらない。一般の何も政治にも興味ない人には問題のない法案だ。この国に何も期待してはならない。野党は非力。クソの役にも立たない。不満だけが蔓延する

 

 

塩小路職安での「集団ストーカーにお気をつけ下さいね」のサイコな奴が電波を解き放っていたのがやばかった、細かくは書かない

 

昼間にふらっとするくらい気分悪くなったのはあの呪いのお面を見たからではないと思う

 

 

 

 

田園の横のartzoneで今やってる展示、ディスプレイに絵の具載せたりブラックライト当てるやつはまあ想定内でした。グリッチコーヒーのUCNVさんの展示みたいに穴を開けるまではやってなかったがディスプレイを傷つけるのは既視感あった。それよりも受付の人が「裸で肉を殴り続けそれを聴診器で聞く作品の人」(伊東さん)なのが良かった。

 

アクアでやってるニューギニア展示のやつ

松見さんとかやってる。ええ感じの展示方法だった。うまいことやってた。でもミンパクで普通に展示したほうが良さそう。二階の音の展示はかなり未来感あった

黒の丈の短い太いズボン履いてマーチンのローカット履いてるやつを一日で二人見た

 

しまむらネオジオ100メガショックtee1500円

 

西浦町の青果市場良さそうだ。西浦、全体的にゲトーな生活臭、今後も荒らされることのない匂い

 

深草の「おする」の店

 

藤森の蒸したいもの店

 

ベローチェにて。オープン席で履歴書を書く女に話しかける手押しカートジジイ。いきなりスペイン語を披露。海外で働いていた自慢、すぐさま当時の写真を取り出して見せつける。段差が登れず手伝ってもらう。グラシアス。

 

 

 

 

 

 

6/12

待機期間が終わってようやく失業保険が支払われることになり朝からハローワークへ。支払額は八万ちょっとだがそれでも枯れてひび割れ、埃の積もった我が心の井戸に煮びたし程度の、にわか雨程度の水が注がれた感じがする。この程度じゃ水量は変わらない。無表情のままだ。その後また検索し、多少はいいのが見つかり、また応募する。ハロワの受付のやつが若くて慣れてなくて求人票を見間違えて応募先に電話してるのをおれが「こっちこっち!」と割って入る一幕もあった…ちゃんとやれよ…

それから、今まさになんだがベローチェに来て定位置に座り、履歴書を書き始めんとしているところだ。でも集中力がなくてこのようにブログを更新している。ミヤコ蝶々を三倍くらいワイルドにしたおばはんが二匹の犬を連れて大手筋を歩いているな。三井住友銀行付近はヘドロの匂いがするけど店先のおばはんの吐息なのかな。

ツイッターを我慢してネタを温存させておけばブログの継続は可能だ。記憶を手繰り寄せる。見たものをありのまま伝えるよりも咀嚼した上でタイトゥンアップしたほうがいいこともある。

身銭切り切り人