フィッ子

ディナミの疲れたときのメモ以下の吐瀉

ディナミ

のブログ「フィッ子」

日記シリーズ

暑くて全然やる気が出ない

 

ニュースも見ていてしんどい

 

杉田水脈

LGBT

タイ洞窟少年出家、展開の速さ

日本大学の報復人事

レッサーパンダ

熱波と被災地区とボランティアの減少

台風が週末にくる

陰茎問題

総裁選

障害者殺人事件から一年

オウム真理教大量同時処刑

遺骨散骨とアレフ

サザンのPVの話題にならなさ

ISSAの毛髪とUSA

被災地区への五千万の寄付松潤問題

台風とフジロック隅田川花火大会

カジノ法案すんなり通過

東京オリンピック開催問題

 

 

などが洪水のように渦巻いててしんどい

すべてどうでもいい。それよりオレ自身のことが

議題に上がってないのが問題だ

なんとかしてくれ

暑くて活動する気になれない

死ぬ勇気もない

何も予定がない

海外に高跳びする勇気もない

金もない
f:id:theyare:20180726164646j:image

みな南インターでなにかの撮影を見た

 

 

 

 

 

近況

  • 七夕前に1年続けた仕事を辞めた

上京区にあるとある事務の職員でした

相手にするのは1000人近い会員で

それを5人で相手していた

朝8時には出社し

昼休憩時も電話がかかって来る、頻繁に来る

来客の対応もあるのできっちり休憩もできない。

(※あとオレはなかったが夜中の4時に会員から

電話が携帯に掛ってくるとかもある)

ちょっとクレイジーだが

残業は一切なく、定時で上がれた。でも

あそびに行く気力はほとんどなかった

定時以降は完全にスイッチを切りたくなる仕事だ

残業がない分給料は安く一番偉い長ですら30万だった

会員さんにも「おたく言っちゃあなんですが

ブラックですよね」と言われていた

専門的な人たちにそのように

言われていたのでそうなのだろう。

  • 働いてる人がみんな出来る人だった

仕事が出来ない人に対しては相当厳しく

オレはやっぱ出来が悪く、人格否定しつづけられて

精神が参ってしまった。おつぼねのおばはんが

仕事出来るんだけど変わり者で、おれは精神すりへった

 

6日の金曜に

おれの不注意で起きたミスに関して罰として更に仕事がふやされ

延々と罵倒され続けた末におれはなんだか視界がぐらついて

ひとり過呼吸になり、更に両腕が震えて

動かせなくなって、深呼吸してもおさまらずで、その状況で

周りは見て見ぬふりで

あーもう静かに、逃げようと決心した・・

f:id:theyare:20180710232208j:plain

やりがいはそこそこ感じてたけど

会員とのやり取りはむちゃくちゃめんどくさかったが

職場のひどい人間関係のほうが重要だった

正直、きつかった

人数少ない職場で合わないときつい。

その数日前にも仕事での叱責が続き

おれは涙をこぼしていた

でもその時点ではまだ限界は感じてなく

乗り越えれる感覚はあったはずだった

  • 金曜帰宅して

車の中で長に電話した。「そうか。気持ちは固いのか」といわれて

はい、と答え、月曜休んで考えろと言われた

精神科にでも行ってADHDの検査でもしてもらおうと思った

  • 月曜朝

向こうから電話かかってきて「どうや」といわれ

「変わりませんと」伝えた

「ああそうか、手続きがあるからまた連絡する」

といわれ

た。

f:id:theyare:20180710233448j:plain

8時半に駅前の精神科に行こうと家を出るも

月曜は夜しかやってないことが判明し

職場の近くまでついつい足が向いてしまった

定期券の払い戻しのことを考えた

職場の数メートル手前で引き返した

イオンのフードコートで夕方までダラダラして

警備員に「食事以外の利用はおことわりです」と

注意されたので帰った

帰りに自転車乗ってると仕事の書類のことで先輩から電話かかってきた

が無視してでなかった。緊張していた。

家に着いてからかけなおしたら

保険証と鍵と退職届を

早急に返却してくれといわれた

精神科に行くのはやめにした

国民健康保険払う気が無いからだ

次の仕事が見つかるまでの間、入るつもりはない

年金はたしか猶予期間があったはずだ

退職届を出さないといけない。

今からグーグルで調べてみます

 

 

 

 

 

地震

朝、地下鉄に揺られながら昨日のことを日記に書いて投稿して、

改札を出たところでイヤホンからサイレンが流れて

しかも聞いたことのないサイレンでした

スマホを見ると大きな揺れがどうのこうので

まあいつものやつかと思って歩いてたら

足元が少しふわふわした気がした

その後も町は至って普通で何も問題はなかった

職場についてパソコンの電源つけてようやく

本当にでかい地震だったんだと理解した

 

それから帰宅するまでずっと気が気でなかった

JR動いてなくて市バスで帰ったが

道が混んでて非常に疲れた

家に帰ると

いろいろ割れたりしていた

部屋のものはいろいろ落ちてて

気も落ちた

昨日のあれは何だったんだろうか、あの桃源郷のような数時間の

つけが回ってきたのか…それにしてもひどい話だ

 

音羽の滝


f:id:theyare:20180617230814j:image

音羽の滝でやってる荒木さんの展示で

エッグ小松君がライブやるとのことで

見てきた…四時前に家を出た。

北からの風がきつかった

九条河原町ダンボールに入ったモンチッチ

二体がご自由にお持ちくださいだった。

状態良かったが

デカかったので諦めた。

 

三条のドマ裏にある寺の池のカモを見てきた

が、仔鴨が居なくなってて親ガモだけが

毛づくろいしている。(調べたら子ガモだけが川に向かったそうだ。)
f:id:theyare:20180617231211j:image

 そして着いた

ここは昔ゆいまーるのイベントで吉田を目撃しようと

見に行った場所だ

又サニーの哲夫さんに会えたのもここだ

 
f:id:theyare:20180617231258j:image

 

写真と、録音物の展示のようでした

大きな拡声器スピーカーから、女の

喘ぎ声が流れていた

客は10人以上いる。

森林の匂い、空気感。すごくいい。

荒木さんに聞くと土木事務所に許可を得てやってるらしい。さすがだ。

 


f:id:theyare:20180618073718j:image

告知ほとんど見てないが

こんな力入れてやってるとは…

いい展示だった

 




f:id:theyare:20180618074155j:image


小松ライブ始まると30人くらいに増えてて

大阪から来てる人も多数で、流れてる

音はアブストラクトだけどみんなこれ求めて

このダムの上まで来てるのかと思うと

震えてきた。

 

小野さん(一家で来ていた)の子供が音に興奮して(音に体が反応していたのだろう)楽しそうに野を駆けずり回っていて

ワットカベヤが子供と追いかけっこしていて

流れてるのは愛燦燦やB'zをタイムストレッチした

ドローンで

この上ない多幸感、あの世でみんな集合してる感じだった

暑くもなく寒くもなく…異様なこのシチュエーションで

「タイコクラブ越えたな」とワット君の口から漏れた言葉は冗談ではない気がした

多分もう二度と行われることはないと思う。

はかなくて美しい日曜日の午後でした

 

 

 

 

 

 

身銭切り切り人