フィッ子

ディナミの疲れたときのメモ以下の吐瀉

美しき

尼僧のやうに

金曜夜に箕面のキューズモールにある愛MAXで"ゼログラ"ことグラビティを観てきた。少し前のポッド許可局で喋ってた、宇宙の静けさの中に周囲のポップコーン食べる音がカサカサ聞こえてくる現象は無かったものの、おばはんが隣のおっさんとボソボソ喋ってるのがムカついたりした。

90分で終わるのがタイトで観やすい。登場人物も少なくて人間関係もほとんど無く、楽ちんだ。さらに映像内の静けさと暗さと不安が24かよっていうくらい時間軸そのまま見せてくる。(でも90分おきにやってくる機械の破片群は映画上で3回くらい来てたからかなりいろいろカットされてるんだな)あと、撮影してるカメラに涙の水滴や泥の跳ねっ返りのCGが付着するのが地味に目新しかった。f:id:theyare:20140209200027j:plain
f:id:theyare:20140209200111j:plainf:id:theyare:20140209200059j:plainf:id:theyare:20140209200049j:plainf:id:theyare:20140209200041j:plainf:id:theyare:20140209200256j:plain
ライアンの肉感とショートヘアがたまらんかった。母親役だし歳食ってるけど、構わんというか筋肉ついてるのがいいな。ほんで脱出して地球に戻るまでのドタバタ、中国語わからんのにテキトーにボタン押して大気圏突入するシーンは震えた。もう一度観たい。ネタバレ注意。

身銭切り切り人