フィッ子

ディナミの疲れたときのメモ以下の吐瀉

美しき

尼僧のやうに




f:id:theyare:20140215224331j:plain


f:id:theyare:20140215224343j:plain

さっきロアロロジーっていうイベント見てきた。騒音学という意味だそうです。うるさかった。
ゴートがバカテク人力ビートテクノで良かった。無駄のないタイトなドラミングですよ。踊れなさ。腰には来ない。
EP4のやつはツーブロックのおっさんの生ぬるい戯れでした。SF映画の効果音みたいなライブ。映像が意味ありげなフランス語やロシア語やいろんな国の言葉を散りばめる感じなのがシンプルによかった。00年台初頭の音響エレクトロニカブームをまだ引きずってる印象。新しさはない。
鈴木グループのやつは期待してたんやけど相当暑苦しくて分離の悪いジャムロックです。ユンさんの垢抜けない社会派気取りの語り的なやつが少し前のビデっぽくて少し萎えた。あれくらいの歳になるとああいうのがやりたくなるっぽい。映像というか映写?絵の具の影絵は良かったけど逆に音だけで勝負して欲しいところもある、気がする。京都というか関西のダサい感じを凝縮したバンドなんだけどみんなありがたがってる。
客層は白髪混じりや巨漢のハゲなど。美人も多いが90sのコンサバギャルがそのまま20年経った感じの人もいる。
おれは正直すぎるネガティブなことばかり書くからひどいやつと思われても仕方が無いな。

身銭切り切り人