フィッ子

ディナミの疲れたときのメモ以下の吐瀉

美しき

尼僧のやうに

 

ヤミ市でほんまにやばかったのは

誰の記憶にも残っていないブースであり

それはたとえば

斜め向かいにふんぞりかえって

座ってた自作CD売ってたあいつとか

キューピー並べてた京芸の女の子とか

ネット上の記録にすら残らなそうな

人らです

f:id:theyare:20161020150104j:image

f:id:theyare:20161020150118j:image

f:id:theyare:20161020150127j:image

あとブルーシートしいてるひとは大概やばかっ

たな

影の薄い人ほどやばいもの売ってたのは

確実に言える。友達とクネクネしたりちやほやされるだけのネット、

それはSNS以降のネットであり

本来はホームページを立ち上げた人の多くは

なんかしらの発信目的があり

それがわかりにくいものであればあるほど

 

孤高の存在であった。いいかわるいかもわからないようなもの。それをぶちまけて

誰かの目に止まるのをひたすらに待っていた。

つまり

もし

1つもなにも売れてない人がいてたら

その人こそネット精神の核心突いてると思う。

金を誰からももらっていないという意味でね

身銭切り切り人