フィッ子

ディナミの疲れたときのメモ以下の吐瀉

ディナミ

のブログ「フィッ子」

昨日のフォーラム京都で

「ワットカベヤがブログをかけと言ってたので書きます』

昨日の彼の訴えは切実だった

京都からどんどん人(知り合い)が離れてい

って寂しいというものだった。

(ちなみに彼は愛知の人だ)

左京区はいいところだそうだ)

彼のバンドメンバーは皆京都を離れ、

敬愛する先輩も京都を離れ、

残るのは彼だけだと言っていた。

 

仕事の話や

ネガティブな話がずっと続いたけど

根底には「信念貫いて売れてやる!」という

思いがあったように見えた

(いや、よくわからない、とにかく疲れていた)

ワイワイ楽しくやりたい思いと

SNSで楽しそうにアピってんじゃねえ

という中指を勃起させた

矛盾した想いが交錯していた

そういうひねくれたところがホッとする

(そういうめんどくさい人が少ない世の中だから)

楽しく自由にやっていきたい。

京都は青春のひとときを通過する

街でいい

歳をとってくるとつらいことしかない

みんな自分の思い描いたように売れて

行くのを願う

 

 

 

 

 

 

 

 

身銭切り切り人