読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フィッ子

ディナミの疲れたときのメモ以下の吐瀉

美しき

尼僧のやうに

竹田のパルスプラザで買い物して

夕方自転車に乗って街へ行った

 

道は雨に濡れていて泥の跳ね返しを気にしながらペダル

漕いだ

雨の降った後は生ぬるくて背中は汗をかいている

少し温い

 少し河原町七条から木屋町を上がり

 

元五条楽園らへんでサウナの梅湯を発見

するが近くには例の事務所もある所で

真っ暗だが

一際目立ってた、でも軒先きが

レコード売ってたり店主のサブカル趣味

全開であざとさがすごかった。いろいろ

あるんだろう。寂れている。あの真っ暗な道は京都の闇すぎる。

五条東山上がって

 

ハップスで無料だということで

マッス~なんとかを見てきたけど

端的につらかった

ボーカルの男の人が合わないというか歌い方がくどかった

あと客席との距離が近いと…なんていうか

嫌なところまで伝わりすぎる…

舌足らずなくらいでいい

あの狭い場所であのくどさはつらいものがあった

あと衣装が異様にダサかった

客になんか強要して来るのもつらかった

それ以外はよかった

クソでかい琴を静岡から持ってきてる女とか

ベースの静岡の女が角度によって美人だとか

ベースの女が唄うところはいいとか

すこし

そういうところはよかったな・・

たぶんインストバンドにして見た目をボロボロにして

ボーカルをベースの女にしたら

劇的に売れそう

出ていくときにハップスの去年お世話になった人

に見つかったがそそくさと出た。

駐輪場が遠い

 

五条を西にむかう 。10分かからず

大宮のブルーアイズへ。初めてだここ

 

最初店入ると異様な清潔感漂う店内で

これはこの店の几帳面なホームページからも感じる

ことだが、くそ汚いライブハウスとは違う、

潔癖さが滲み出ていた。こんなところで数時間過ごせるのか不安だった

やたら椅子が多く年齢層がやたら高い

40.50代のおっさんしかおらへんように見えた。ばんひろしとかdjさわさきさんことメディテーションYSとかがダラダラしてるのが目に飛び込んで来る。物販にいるやたらごついせむしのおっさんは岸野さんか。つらさが伝わってくる。

もう始まっていて

ジョンソンツという外人ミュージシャンのパロディのような人。ハナモゲラのデタラメフランス語、イタリア語みたいな外国語弾き語りがやたらうまかった。名人芸だ。數十分前にハップスで見たものと比較にならないレベルだった。こりゃ金を取れる。

そのあと着物を着た小太りの山田参助というおっさんひきいる泊というユニットがよかった。小椋佳のような声で戦前の曲を歌ったりしてるのがとくによかった。山田さんはガチムチ系漫画家らしくてやばいな…

そのあと北村という女のひきがたりのやつ。かなりつらかった。31歳で芸歴15年とか言ってたけど芸歴2年くらいに見えた。

さわさきさんは長髪ではなく禿げあがっていて、ドラムンベースでもなく地味な、何のこだわりもない和モノDJしていた 

 

最後に

ヒゲの未亡人が出てきて

 登場シーンは

先ほど撮ってきたような夜の大宮駅

から歩いてブルーアイズへ向かうような設定の映像に岸野さんがコメント言うやつ

がよくてそれだけで1時間やる方が良さそうだった

芦屋さんと映像担当の人と3人でやってはった。

f:id:theyare:20161120003834j:image

まあライブは無事始まって、無事終わって。

やっぱよかったけど声の出が悪い。年齢的にもつらそう。

あの喪服着ると痩せて見えるんだな。。足細いからかな。

(喪服ワンピは身幅かなりでかかった)

 

思っていたよりも

f:id:theyare:20161120065158j:image

 

曲が派手なのが多く映像も派手で…

昔見たやつとかなり変わってた。

(ヘルモソとか出てくるのはワッツなのか・・)

三十路の小娘は記憶にあったので懐かしくてよかったな・・

 

未亡人は終始ずっとにこやかな笑顔で歌っててそれが逆に本当につらそうだ

声が昔と比べて低くて篭ってるというか

年齢的なものもあるだろう。和製トッポジージョ的な特徴的な声もぼやけて聞こえたのがつらかった。客層も変わってしまった。妙齢のオッサンおばはん、全員30代以上っぽい若い子は誰も見向きもしない。そういう存在に成り果ててしまった。

 

映像は海外公演向けを意識しているのか英語字幕つけていてそれが

凝ってるし親切なんだけどどう見てもトゥーマッチだった。

映像ない方が、強いて言えばチープで音数少ない方がこちらも前のめりになれたのでは。音をもっと深く感じられたのでは。

 

 

帰りに物販見ると誰も何1つ買ってなさそうで前を通るのもつらい。逃げるように外に出た。

外はイヤーな冷え方している

この体の芯に響く冷えだ。

背中の汗は乾いていたが危険な寒さだ

風邪をひかないように

東寺を横目に立ち漕ぎで帰ったった

 

 

 

身銭切り切り人